排卵検査薬の使い方を市販日本製・海外製タイプ別に解説!

簡単に使える排卵検査薬

いつの尿をとるべきか、排卵日予測検査薬を使う時間など使い方を解説いたします。
また、排卵チェッカーにはスティックタイプと試験紙タイプがあるので、それぞれの使い方もご説明。

Poko

上手く使って、体のリズムを把握!

排卵検査薬の使い方とタイミング時間

排卵検査薬を上手く使うポイントは以下2点。

1)一定の時間に毎日検査します
朝と夕方など1日2回検査をするとより正確に排卵日が来ることを特定できます。

2)検査薬がLHに反応に、陽性の印が確認できるまで検査を続ける
陽性となった後も、陰性となるまで検査を続けることで、排卵済みのことを確認できます。

日本製・スティックタイプ(ドゥーテスト等)の使い方

日本製の市販の排卵検査薬は主にスティック型で、手間がかからず簡単に使えます。

1)尿を数秒程、スティックにかける

2)平らな所に置いて、数分程待つ

3)判定ラインが出ていることを確認し、陽線が出ている否かを確認
  判定ラインと同じような陽線ラインが出れば、陽性。

手を汚さずに、手軽に使えます。

市販で買えるおすすめのスティック型排卵検査薬はこちら!

ドゥーテスト

ロート製薬の「ドゥーテスト」12回分。
排卵日を約1日前に予測できる検査薬です。

ハイテスター

アリナミン製薬株式会社の排卵検査薬「ハイテスター」。
5回用、10回用があります。
こちらも排卵日を約1日前に予測できます。

チェックワンLH・II

医薬品会社アラクスの排卵検査薬。
5回用、10回用があります。

海外製・試験紙タイプの使い方

日本製と比較して価格が安いのが魅力的な海外製の排卵検査薬。

海外製の排卵検査薬は主に試験紙型です。
スティック型のようにそのまま尿をかけず、紙コップに尿を採取してから浸しかけるのがおすすめ。

1)尿を紙コップに採取する

2)尿に排卵検査薬を数秒浸す

3)排卵検査薬を平らな所に置いて、数分程待つ

4)判定ラインが出ていることを確認し、陽線が出ている否かを確認
  判定ラインと同じような陽線ラインが出れば、陽性。

紙コップに採取することで、確実に尿をかけることができます。

Poko

100円ショップの小さめの紙コップがちょうどよいです!

市販で買えるおすすめの海外製試験紙タイプの排卵検査薬はこちら!

ドクターズチョイス


ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア

妊娠お助け隊で見る

感度が高く、排卵日を約2日程前に予測できる検査薬です。

ドクターズチョイスは、ビューティー&ヘルスリサーチ社というアメリカにある会社さんで作られている製品で、同社が運営している妊娠お助け隊という公式サイトから購入ができます。

20本(1本あたり116円程)、50本(1本あたり113円程)などのセットがあります。

ドクターズチョイスさんについて詳しくはこちらの記事をご参考ください。

以上、排卵検査薬の使い方解説でした!

その他女性の体調管理に関する記事をかいておりますので、宜しければご覧ください。

女性の体調管理の関連記事

タグ: