飛蚊症の原因は老化?目のストレス改善にブルーライトカット眼鏡で対策

飛蚊症とは?

外など明るいところを見たときに、眼に黒い点のようなものが見えたら、飛蚊症である可能性が高いです。
筆者は10代の頃から現れ、いまだにずっと見えます。

飛蚊症とは、目の中にはある硝子体というゼリー状の部分が萎縮したものが黒い点のように見えるとされています。

加齢とともに硝子体は萎縮しやすくなり、飛蚊症は老化の一種とされ、なぜ起こるのか明確な原因は分かっておりません。

飛蚊症が気になり出したら、老化を防ぐ予防策を講じるしかなさそうです。。

目のストレス改善:UV・ブルーライトカット

日常で浴びることの多い紫外線やブルーライトは眼に良くないとされており、眼の老化を早める要因ともなり得ます。

老化の予防策として、UVカット、ブルーライトカットを意識して生活できると良いでしょう。

スマホやPC・テレビなどはブルーライトを発しています。

日常生活において紫外線やブルーライトを完全に避けることは難しいですが、それらを浴びすぎないようすることは普段の努力で可能です。

紫外線・ブルーライトをカットする機能があるメガネをかければ、眼へのダメージを抑えることができます。

UV・ブルーライトカットメガネを選ぶ時のポイント

・重さ
軽量だと頭や肩こりなどを軽減できます。
フレームが特に軽い素材としては、チタンやウルテムなどがあります。

・UVカット率
UVカット率が高ければ外出時にサングラスとして使えます。`
ブルラーライトカットメガネとして売られている商品で、UVカット率が99%以上あるものもあります。

・ブルーライトカット率
レンズによってカット率が異なります。
25%〜60%以上などがあります。
仕事でPC作業など長時間ブルーライトを浴びる機会が多い場合は、カット率が40%程度以上あると良いかと思います。

UVカット、ブルーライトカットありの軽量メガネ


ブルーライトカットメガネ 40%カット

JINS 楽天公式サイトで詳細を見る

元祖ブルーライトカットメガネと言えばジーンズのメガネ「J!NS SCREEN」。
筆者も何年もかけていますが、軽量でデザインにも飽きがなく長く使い続けられます。

・紫外線99%以上カット
・ブルーライト40%以上カット
・超軽量弾力樹脂素材を使用


筆者は透明なブルーライトカットできるサングラスを使用しています。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

以上、ブルーライトカットメガネをかけて眼の老化予防をする方法のご紹介でした!

コメントを残す